プローブ分子による活性点間距離の観測

February 24, 2017

固体表面での協奏効果の発現には、活性点を適切な間隔で固定する必要があります。固体表面の錯体・有機分子の配置を、プローブ分子を用いて観測する手法を見出しました。

Chem. Eur. J. 2016, 22, 5113.

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload