表面で共存する活性点によるワンポット連続反応

February 24, 2017

同一表面に共存した酸・塩基点がそれぞれ触媒活性点となることで、複数の反応が連続で進行し、ワンポットでの化合物合成が可能となることを見出しました。同一表面に固定されることで、活性点同士の不活性化が起きず、逆に個々の反応が加速される「協奏効果」が生まれます。

J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 7944.

Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 9230.

Bull. Chem. Soc. Jpn. 2017, 90, 137.

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload